消費者金融で審査されるポイント

今手持ちのお金が少ないのでお金を借りたい、そんな方でしたら消費者金融のキャッシングがおすすめです。たしかに、消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンを比べた際、消費者金融のキャッシングのほうが金利は高いです。
しかしその分、銀行のカードローンよりもはるかに手続きが楽で、インターネットや自動契約機でも申し込めます。また、消費者金融のキャッシングは銀行のカードローンよりも、審査も比較的通りやすいです。とはいえ、審査はしっかりと行われています。

では、消費者金融のキャッシングの審査のポイントは、いったい何なのでしょうか。

今すぐお金を借りる手順 》

総量規制に引っかからないこと

総量規制の対象でないことです。総量規制によって、年収の3分の1を超える借入が消費者金融からはできなくなりました。他の消費者金融からの借入残高が年収の3分の1を超えていないか、まず審査ではそこをチェックします。

返済能力がある

返済の見込みがあることです。返済の見込みで重要なポイントは、安定継続した収入があること。収入が多いに越したことはありませんが、収入が少ないパートやアルバイトの方でも心配いりません。パートやアルバイトでの収入が安定していれば、これらの人でも消費者金融でお金を借りるのはできるのですから。

他社からの借入件数

他社からの借り入れ件数も、消費者金融では重要なポイントとなります。一般的に、借入件数でポイントとなるのは「3件」です。
3件まででしたら、ほぼ全ての消費者金融で審査は通ることでしょう。4件の場合、貸金業者によってはお金を貸してくれませんし、5件となりますと消費者金融でもお金を借りるのは非常に難しいですね。

嘘偽りがないか

申請内容に虚偽がないことも、審査で重要なポイントとなります。例えば、実際はアルバイトなのに「正社員」と偽ったり、かつての職場を記入したりなどの行為です。消費者金融での審査には、在籍確認があります。記載された勤務先に電話をかけますので、虚偽申告があればすぐにばれてしまいます。虚偽申告がばれると、その人の信頼性が大きく損なわれかねません。

適切な借入理由

借入理由も審査のポイントとなります。消費者金融のキャッシングの場合、「他社からの借入返済」や「事業資金」を理由にした申し込みは、ほぼ受け付けてもらえません。それ以外の借入理由でしたら通常は問題がありませんが、「ギャンブル」が借入理由の場合、返済できるのかと疑われてしまいます。

以上が主な審査基準ですが、これも業者によって変わります。必ずしもこの内容さえクリアすれば「審査は通る」というものではないのでご理解ください。しかし、一社通らなかったからといって、他の会社でも通らないこともありません。

このページの先頭へ