ライフティの審査

1:融資までの流れ

キャッシングやカードローンの申込みというと、来店して審査を受けて…といった一連の流れがあたりまえと思っている人が多いようですが、最近はインターネットなどを通じて来店不要24時間いつでも受付してくれる業者がほとんどです。中堅の消費者金融業者として近年注目を集めるライフティなどもそのひとつ。インターネットで利用申込みを行なったら、本人確認や審査を書類やメール、電話などを用いて行い、審査を通過すれば無事契約、融資へと進むことができます。

2: 審査について

消費者金融を利用する際に、一番心配なのが、契約前に行なわれる「審査」を通過できるかどうかだと思います。大手の消費者金融キャッシングなどの場合は借入件数をはじめとする信用情報に少しでも不審な点があれば即審査否決となってしまうことが多いようですが、ライフティの場合は大手の消費者金融とは異なる独自の審査基準を持っているため、大手業者では審査に通らなかった人でも、ライフティでは通る、ということもあるようです。

たとえば、大手消費者金融では、過去に返済が滞ったことがあるなどのブラック情報がある人に関しては、即審査否決となりますが、ライフティの場合は過去にこだわらず、現状の返済に問題がないということさえわかれば融資を行なってくれるはずです。そのためには、ライフティに融資を申し込む前に、必ず今ある借金をクリアにしておくことが重要です。すでに借金を抱えていてその返済が遅れていたり、不足入金をしているような場合はいくらライフティでも貸付は行なわないと判断されてしまうこともあります。

3:通過するためのポイント

大手消費者金融では融資を断られた人でも、中小の消費者金融ならば審査を通過し、融資をしてもらえることがあるといいます。消費者金融の審査基準は、法律にのっとった条件のほか、その業者ごとの「独自の条件」というものが設けられていて、例えば過去に債務整理をした経験があるとか、複数の消費者金融からお金を借りているというような事実がある場合には、審査が否決されることが多いのですが、ライフティなど中小の消費者金融の場合は、過去に金融事故や、複数の消費者金融の利用などがあっても、今現在、返済能力があると認められれば審査を通してくれるといいます。

消費者金融に助けを求める人というのは、ほとんどが「どうしてもお金が必要」という状況だと思います。ブラックな過去がある人は、大手の消費者金融ではどこも相手にしてくれないことも多いですが、ライフティをはじめとする中小消費者金融ならば、現状と本人の人間性などを加味した上で審査をしてくれますから、一縷の望みを託すことができるのではないでしょうか。

このページの先頭へ