悪質金融業者に要注意

最近の大手消費者金融では、審査が厳しくなっているため、以前よりもお金を借りにくくなったとの声もあります。
お金をどうしても借りたいとき、より審査に通りやすい業者を選ぶことも選択肢の一つですが、中には絶対にお金を借りてはいけない業者もあります。

ヤミ金

よく「サラ金」と「ヤミ金」を同一視している人がいますが、それは間違いです。サラ金はサラリーマン金融の略で、現在の消費者金融のことであり、法律順守をしています。一方ヤミ金は、法律を順守しない金融業者のことです。違法な金利を設定して多額の利息を徴収して、返済が滞ると、法律で禁止されている過激な取り立ても辞さない構えです。お金を借りにくい多重債務者などに甘い言葉で近寄り、暴利をむさぼります。

紹介屋

なかなかお金が借りられないが、お金を借りられる当ても知らない、そんな人に近寄るのが「紹介屋」です。紹介屋は、誰でもお金が借りられるような貸金業者を紹介してくれます。紹介屋は、個人の場合もあればグループを組んでいる場合もあり、さらには貸金業者の場合もあります。これだけならば優しい人だという感じですが、紹介屋ももちろんタダで紹介してくれるわけもなく、紹介料をしっかりと要求してきます。しかも、紹介された金融業者も悪徳業者であることが多く、紹介屋とグルになっているケースが多いのです。紹介料と利息で、借りる人からすればヤミ金単独よりもタチが悪いかもしれません。

090金融

電柱などに、携帯電話の番号とともに「お金貸します」「無審査」「ブラックOK」などという言葉が羅列されている場合、それは「090金融」で間違いありません。通常は、固定電話などを設置する貸金業者ですが、090金融はその電話番号が携帯電話です。
携帯電話の番号も、他人が取得したような番号を譲り受け、あるいは買い上げて営業で使っているもので、万が一暴利をむさぼられたとしても、電話番号から特定することは難しく、「捨て番号」も結構多いものです。

クレジットカード現金化業者

クレジットカードには「ショッピング枠」「キャッシング枠」があり、お金に困っている人はキャッシング枠を真っ先に使います。
余ったショッピング枠を使って価値のないものを購入させて、その代わりにお金を貸す業者が「クレジットカード現金化業者」です。業者は手数料で数パーセントの手数料を徴収し、それが業者の利益となります。そもそも、換金目的でカードを使うことはカード規約に違反しており、最悪カードを没収されてしまいかねません。

このページの先頭へ