不動産担保ローン比較Best3

不動産担保ローンとは自分の所有している不動産を担保にローンを組むことを言います。通常、ローンを組む際は一定の審査があります。この時、借りる側の勤続年数や給与額、借金の有無などの「信用情報」を見ています。

つまり、お金を貸す側は「信用」を担保に借入を行っています。なので、信用が足りない場合、お金を借りたりローンを組めなくなったりします。不動産担保ローンの場合、信用情報に加えて固定資産である不動産を担保に入れることによって、通常のローンに比べて審査が通りやすくなり、借りれる金額も多くなります。

ただし、不動産価値が1億円の不動産を担保に入れたからといって、同額の1億円の融資を得られるわけではありません。

不動産担保ローンの審査

不動産担保ローンの際に最も重要視されるのは不動産価値です。現在の不動産金額が高い不動産でも、今後下落する可能性もあるので、審査の際には不動産の価値が重要となります。実際の融資金額は業者によって違いますが、審査の際に割り出された不動産価値の7割程度が融資金額となることが多いです。仮に、融資希望額よりも不動産価値が低いと見なされた場合、融資してもらえません。ただし、業者によって不動産価値の見積りは変わってきますので、複数社に見積りを出して見てもいいでしょう。

 

不動産担保ローンのメリット・デメリット

メリット

担保の中でも不動産は価値が高いです。価格は変動するものの返済不能となった場合は一定の金額で売却することができるからです。貸し手側も融資がしやすくなり、通常よりも低金利かつ多額のお金を借り入れできることが最大のメリットです。

デメリット

デメリットは返済が滞った場合に担保にしていた不動産を抵当に入れられてしまうことです。その際に、借入時よりも不動産価格が下がっていた場合、担保割れが発生しその差額分も返済しなければなりません。

 

短期返済と長期返済について

不動産担保ローンは通常のローンに比べて多額のお金を融資してもらうことになりますので、当然返済期間も長くなります。その時に一番重要なのは金利です。返済期間が長くなるにつれて数%の金利の差で大きな金額差が生まれます。

まとまった収入など返済のみ込みがある場合は金利は高めで高額融資の短期返済もいいと思います。

ただ、返済期間が長期化する場合は融資額を減らしてでもなるべく低金利の長期返済をおすすめします。

 

 

 

不動産担保ローンの比較ポイント
  1. 融資金額に対する金利
  2. 不動産価値の審査
  3. 返済期間

1総合マネージメントサービス

不動産担保ローン専門業作です。

 
総合マネージメントサービスの特徴

不動産担保ローン専門業者として安心の融資サービスを行っています。総合マネージメントサービスでは返済期間が最長35年まで設定でき、無理のない返済計画がたてられます。

総合マネージメントサービスの融資は担保となる不動産の価値によって決められるので、現在収入がない方でも不動産に十分な価値があれば融資可能です。

さらに総合マネージメントサービスでは既に外での借り入れがある場合でも、審査の上で返済可能と判断されれば融資可能です。

2中央リテール

おまとめローン・不動産担保ローンなら中央リテール

 
中央リテールの特徴

中央リテールは不動産担保ローンの最大金額は最高で3000万円となっており、金利も最大でも9.8%と業界でも低水準です。返済期間が最長で10年と少し短めですので、予め短期間で決められた額の融資を希望している方におすすめです。

また、中央リテールではその他にもローンのおまとめも行っておりますので、既に複数業者から借金をしている方は、低金利の中央リテールのおまとめローンを検討してみてはいかがでしょうか?

3ユーファイナンス

100万円~3000万円までの高額融資もOK!

 
ユーファイナンスの特徴

Uファイナンスの名前はまだあまり知られていませんが、大口ローン専門の消費者金融業者です。営業開始が平成17年とまだ歴史が浅いため、知名度は低くなっています。取り扱っている商品は借り換えのためのビッグローンと不動産ローンだけであり、フリーローンなどの取り扱いは行っていません。

おまとめローンとして融資可能な金額は100~700万円であり、個人の多重債務をまとめるためには十分な枠が設けられています。また、年利は7.3~15%であるため、これまで各社に18%の金利で返済していたことに比べると、金利による負担は大幅に軽減されます。また、返済期間は最長10年となっているため、長いスパンで計画的に返済していくことが可能です。

Uファイナンスは、サラリーマンを優遇して融資を行っているようです。さだめし、安定的な収入のあるサラリーマンならば、長期の返済計画にも着実に対応するだろうという意図があるのでしょう。

また、Uファイナンスの申し込み手続きはやや特殊です。インターネットからの申し込みを24時間受け付けているのは多くの業者と変わりませんが、審査は予約制となっており、事前に申し込みフォームから申し込んだ後、一時審査に通過して初めて来店審査となります。

このページの先頭へ